現在の位置

銅鐸博物館(野洲市歴史民俗博物館)

銅鐸博物館・弥生の森歴史公園

(写真)銅鐸展示

(写真)竪穴住居と高床倉庫

 

 

ご来館の際は、一般駐車場(下記PDF)をご利用下さい。

駐車場案内地図(PDF:571KB)

博物館利用のご案内

 

 

年末年始の休館について

当館および弥生の森歴史公園は、2019年12月28日(土曜日)~2020年1月4日(土曜日)まで休館、休園いたします。

※1月5日(日曜日)は開館、開園しておりますが、翌6日(月曜日)は休館、休園いたします。

 

気象特別警報発表時の臨時休館等について

気象特別警報が野洲市域に発表された時点で、当館ならびに弥生の森歴史公園は、休館・休園となります。

 

 

 

常設展示

○一階展示室「銅鐸の謎」「大岩山銅鐸」

○二階展示室「野洲の歴史と民俗」
  ・通史展示(古代・中世・近世・近現代)
  ・永原御殿復元模型

 

※永原御殿復元模型は、ただいま展示中です。

 

 

第83回 銅鐸研究会

令和2年2月8日(土曜日)午後2時~4時

「銅鐸の鋳造―鋳物師のつぶやき―」   小泉 武寛 氏(鋳金家、青銅器「和銅寛」主宰)

※事前申し込み不要、先着120名、入館料が必要

第83銅鐸研究会(令和2年2月8日)

 

歴史講座(全4回)

第1回 令和元年12月21日(土曜日)午後2時~4時
       「織田信長と近江」   金子 拓 氏(東京大学史料編纂所准教授)

第2回 令和2年1月18日(土曜日)午後2時~4時
       「豊臣秀吉と近江」   谷 徹也 氏(立命館大学文学部日本史研究学域准教授)

第3回 令和2年2月22日(土曜日)午後2時~4時
       「徳川家康と近江」   藤田 恒春 氏(近世史研究家)

第4回 令和2年3月7日(土曜日)午後2時~4時
       「信長・秀吉・家康の城」   木戸 雅寿 氏(滋賀県教育委員会文化財保護課参事員)

※各回、定員先着120名 (当日受付)
※各回、資料代500円が必要(博物館友の会の方はすべて無料)
 

歴史講座

 

たこづくり&たこあげ

令和2年1月11日(土曜日)午前10時から午後1時

※材料費 300円(凧一つにつき)

※定員20名(小学生以上、低学年は保護者同伴)

※事前申し込みが必要(令和元年12月8日(日曜日)から電話にて)

ドウタクくんとたこづくり&たこあげ(令和2年1月11日)

 

弥生の森体験学習

まが玉作りなどの体験学習メニュー

春休み・毎週土曜日・日曜日・祝日(年末年始の休館日を除く)に開催、受付午前9時~午後3時(制作は午後5時まで)

※予約は不要です。(10名以上の団体様は事前にご予約ください。)

 

弥生の森歴史公園

季節の歳時記

 

催し案内カレンダー

カレンダー2019

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで、体験学習受付は午後3時まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は開館、その翌日が休館)
祝日の翌日(土曜日・日曜日、祝日の場合は開館)
年末年始(12月28日〜1月4日)
※館内燻蒸作業等による臨時休館があります

入館料

大人200円、高校・大学生150円、小・中学生100円(20名以上の団体は各50円割引)
企画展等により入館料を変更することがあります。
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と、その介護者は、入館無料です。
野洲市民は入館無料です。[博物館受付にて、運転免許証やげんきカード等、ご住所が確認できるものをご提示ください]

野洲市歴史民俗博物館は、愛称「銅鐸博物館」。銅鐸や野洲の歴史を紹介。
博物館に隣接する「弥生の森歴史公園」で、弥生時代にタイムスリップ!!

 

2019年7月1日より、当館は敷地内禁煙とさせていただいております。ご理解のほど、よろしくお願いします。

 

 

博物館利用のご案内

お問い合わせ
教育委員会 歴史民俗博物館
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町57番地1
電話番号 077-587-4410
ファクス 077-587-4413
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。