現在の位置

療養給付費の支給

国民健康保険

保険医療機関を受診したときの給付

治療や看護にかかる費用に対する給付

 医師の診察、病気やケガの治療、治療に必要な薬、入院および看護(食事は別。次の項目参照)、在宅療養および看護(かかりつけ医師による訪問診療、訪問看護)に要する費用が対象です。
 病院や診療所の窓口で保険証を提示すれば、これらに要する費用の3割を支払うだけで、残りは国保が医療機関へ直接支払います。

ただし、6歳に達する日以後の最初の3月31日以前である方は2割、70歳の誕生日の属する月の翌月(誕生日が月の初日である場合はその月)以後の方は被保険者証兼高齢受給者証に示す一部負担金の割合となります。

被保険者証兼高齢受給者証については、下記のリンクをクリックして下さい。

70歳から74歳の医療の受け方(国保)

入院したときの食事代

入院したときの食事代は、診療や薬にかかる費用とは別に、1食あたり下記の標準負担額を自己負担し、残りは国民健康保険が負担します。

入院時食事代の食事療養標準負担額
入院時食事代の食事療養費標準負担額
区分 食事代(1食あたり)
一般(下記以外の方) 460円

住民税非課税の世帯の方

(70歳以上では低所得IIの方

(注釈1))

過去12か月の入院日数が90日までの入院 210円
過去12か月の入院日数が90日を超える入院 160円
70歳以上で低所得Iの方(注釈2) 100円

(注釈1)住民税非課税の世帯に属する方。

(注釈2)住民税非課税の世帯で、世帯員の所得が一定基準に満たない方。

注記

・一般で、指定難病または小児慢性特定疾病児童等の方は1食260円です。

・上記標準負担額は、高額療養費を算定する一部負担金には入りません。

 

住民税非課税世帯の方については、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することにより、標準負担額が減額されますので、事前に保険年金課窓口に申請して交付を受けてください。

入院時生活療養費(療養病床)

65歳以上の方が療養病床に入院したときは、食費と居住費として、それぞれ下記の標準負担額を負担していただき、残りは入院時生活療養費として国保が負担します。(療養病床に該当するかどうかは、医療機関にご確認ください。)

食費・居住費の標準負担額
入院時生活療養費標準負担額(食費・居住費)
区分

食費(1食あたり)

居住費(1日あたり)

住民税課税世帯 一般

460円 または

420円(注釈1)

370円
住民税非課税世帯 低所得II(注釈2) 210円 370円
低所得I(注釈3) 130円 370円

(注釈1)医療機関によって金額が異なります。どちらに該当するかは、医療機関にご確認ください。

(注釈2)住民税非課税の世帯に属する方。

(注釈3)住民税非課税の世帯で、世帯員の所得が一定基準に満たない方。

注記

・人工呼吸器、中心静脈栄養等を要する方や、脊髄損傷(四肢麻痺が見られる状態)、難病等をお持ちの方については、食材料費相当(入院時食事療養費の標準負担額)のみの負担になります。

・上記標準負担額は、高額療養費を算定する一部負担金には入りません。

 

お問い合わせ
健康福祉部 保険年金課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6081
ファクス 077-586-2177
メールフォームによるお問い合わせ