現在の位置

療養給付費の支給

国民健康保険

保険医療機関を受診したときの給付

治療や看護に掛かる費用に対する給付

 医師の診察、病気やケガの治療、治療に必要な薬、入院および看護(食事は別。次の項目参照)、在宅療養および看護(かかりつけ医師による訪問診療、訪問看護)に要する費用が対象です。
 病院や診療所の窓口で保険証を提示すれば、これらに要する費用の3割を支払うだけで、残りは国保が医療機関へ直接支払います。

ただし、6歳に達する日以後の最初の3月31日以前である場合は2割、70歳の誕生日の属する月の翌月(誕生日が月の初日である場合はその月)以後の場合は高齢受給者証に示す一部負担金の割合となります。

高齢受給者証については、下記のリンクをクリックして下さい。

70歳から74歳の医療の受け方(国保)

入院したときの食事代

次の表の額(標準負担額)を支払うだけで、残りは国民健康保険が負担します。

入院時の食事にかかる一食あたりの標準負担額
一般(以下の人以外の人)

260円

住民税非課税世帯等
  • 90日までの入院  210円
  • 90日を越える入院  160円
住民税非課税世帯等の老齢福祉年金の受給者等

100円

住民税非課税世帯の人については、保険年金課で「標準負担額減額認定証」あるいは「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付申請が必要です。

お問い合わせ
健康福祉部 保険年金課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6081
ファクス 077-586-2177
メールフォームによるお問い合わせ