現在の位置

出産育児一時金・葬祭費

国民健康保険

加入者が出産したとき

出産育児一時金

 加入者が出産したとき、赤ちゃん1人につき50万円が支給されます。(産科医療補償制度加算対象出産ではない場合は48万8千円)

※妊娠12週目(85日)以降であれば、死産、流産でも支給されます。

※6ヶ月以内に会社の健康保険や共済組合の保険に被保険者として加入されていた人は、当時の会社の健康保険から一時金を支給される場合があります。その場合は国民健康保険から支給しませんので、前の健康保険で出産育児一時金の請求手続きをしてください。

※令和5年3月31日以前に出産した場合の支給額は、赤ちゃん1人につき42万円です。(産科医療補償制度加算対象出産ではない場合は40万8千円)

請求手続き

出産育児一時金の請求と受取りは、出産予定の医療機関等で手続きすることにより、医療機関等へ直接出産育児一時金を支給します。これにより、退院時に窓口で出産費用を全額支払う必要はありません。なお、直接支払制度を導入されていない医療機関もあるので、出産される医療機関にお尋ねください。

 

 

 加入者が死亡したとき

葬祭費

加入者が死亡したとき、その葬儀を実施した人(喪主)に対して、5万円が支給されます。

手続きに必要なもの

  • 死亡した人の国民健康保険証
  • 葬儀を行った人(喪主)であることを証明できるもの(葬儀業者の領収書、会葬葉書 等)
  • 振込口座がわかるもの(通帳またはキャッシュカード)
  • 印鑑(代筆する場合)
お問い合わせ
健康福祉部 保険年金課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6081
ファクス 077-586-2177
メールフォームによるお問い合わせ