現在の位置

70歳から74歳の医療の受け方(国保)

国民健康保険

『国民健康保険高齢受給者証』について

『高齢受給者証』と『被保険者証』が1枚のカードになりました

70〜74歳(後期高齢者医療制度の適用を受けている人は除きます)の人に交付していました国民健康保険の高齢者受給者証は、令和元年8月から被保険者証と一体化されました。

この証は病院などの窓口で支払う一部負担金の負担割合が記載されいます。

 

高齢受給者証と被保険者証の一体化

負担割合の判定方法

A.市・県民税の課税所得(4月から7月の間は前年度)が・・・

  145万円未満 → 2割負担

  145万円以上 → Bで再判定

  同じ世帯に課税所得が145万円以上の70〜74歳国保加入者がいる場合もBへ

B.収入金額で再判定します。(2割に該当する方は申請が必要です。)

 

〈再判定1〉 同じ世帯の70〜74歳の国保加入者の収入合計が・・・

(1)1人の場合で383万円未満

 2割負担

(2)2人以上の場合で520万円未満

 2割負担

 

〈再判定2〉 旧国保加入者(国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した人) がいる世帯で、 国保加入者と70〜74歳の国保加入者の収入合計が520万円未満

 2割負担

 

上記収入合計額以上

 3割負担

 

お問い合わせ
健康福祉部 保険年金課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6081
ファクス 077-586-2177
メールフォームによるお問い合わせ