現在の位置

子どもの予防接種

 はしかや百日せきのような感染病の原因となるウイルス、細菌または、菌の産出する毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)を作り、これを体に接種し、その感染病に対する抵抗力(免疫)を作ることを目的として行われます。ただ、全ての感染病に対して効果がある訳ではなく病原体によっては出来ない場合もあります。
 また、大変、頻度は低いですが、まれに副作用が発生する場合もありますので、ご心配の方は受ける前に、必ず、かかりつけの医師に相談してください。

接種時の注意事項

  • お受けになる予防接種についての説明文及び注意事項をよく読み、十分理解した上で受けましょう。
  • 当日朝から子どもの健康状態をよく観察し、ふだんと変わったところのないことを確認してください。
  • 子どもの日頃の健康状態をよく知っている保護者の人が同伴してください。やむを得ない理由により、祖父母等が同伴する場合は、保護者の「定期予防接種委任状(下記)」が必要となります。様式をダウンロードいただくか、健康推進課までお問い合わせください。
  • 母子健康手帳と体温計・住所の確認できるもの(保険証など)をご持参ください。
  • 予診票に必要事項を記入してください。(予診票は、接種医療機関に用意してあります)

予防接種を受けることが出来ない方

  • 明らかに発熱している方(体温が37.5度を超える場合)
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
  • 接種しようとする接種液によって、接種後30分以内にひどいアレルギー反応を起こしたことのある方
  • その他、医師から受けることが出来ないと判断された方

予防接種を受ける前に事前にかかりつけ医とよく相談しなくてはならない方

  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害などで、治療を受けている方
  • 今までにけいれん(ひきつけ)を起こしたことのある方
  • 風邪のひきはじめなど、体調が悪いと思われる方
  • 予防接種で、接種後2日以内に発熱のみられた方、および発疹・じんましんなどアレルギーと思われる異常がみられた方

予防接種の種類と受ける時期

定期の予防接種

個別接種の種類と受ける時期

種類

時期と回数

ヒブ(インフルエンザ菌b型)

接種対象年齢

生後2か月~5歳未満

接種をおすすめする年齢と接種方法

初回接種を開始した月齢ごとに接種方法が異なります。
●初回接種開始が生後2か月~7か月未満
初回:3回接種(27日~56日の間隔をあけて3回)
追加:1回接種(初回接種終了後7か月~13か月の間に1回)

●初回接種開始が生後7か月~1歳未満
初回:2回接種(27日~56日の間隔をあけて2回)
追加:1回接種(2回目の接種後7~13か月の間に1回)

●初回接種開始が満1歳~5歳未満
1回接種

小児用肺炎球菌(PCV13)

接種対象年齢

生後2か月~5歳未満

接種をおすすめする年齢と接種方法

初回接種を開始した月齢ごとに接種方法が異なります。
●初回接種開始が生後2か月~7か月未満
初回:3回接種(27日以上あけ、かつ3回目の接種は1歳未満に完了)
追加:1回接種(3回目の接種後60日以上、かつ1歳~1歳3か月の間に接種)

●初回接種開始が生後7か月~1歳未満
初回:2回接種(27日以上あけ、かつ2回目の接種は1歳未満に完了)
追加:1回接種(2回目の接種後60日以上、かつ1歳以上で接種)

●初回接種開始が満1歳~2歳未満
60日以上の間隔をあけて2回接種

●初回接種開始が満2歳~5歳未満
1回接種

4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

接種対象年齢

生後3か月~7歳6か月未満

接種をおすすめする年齢と接種方法

初回:3回接種(生後3か月~1歳の間に20日〜56日の間隔で3回)
追加:1回接種(初回接種終了後、1年〜1年半の間に1回)

※平成24年11月1日から、3種混合に不活化ポリオ(※)を追加した4種混合ワクチンでの接種を実施しています。なお、3種混合ワクチン、または不活化ポリオワクチンで既に接種を開始しているお子さんも、残りの接種を4種混合ワクチンで接種することができます。(※平成24年9月1日より、生ポリオワクチン(経口)から不活化ポリオワクチン(注射)に変更し、各医療機関で実施しています。)

BCG
接種対象年齢

生後1歳未満

接種をおすすめする年齢と接種方法

生後5か月~8か月未満の間に1回

MR混合(麻しん・風しん)
接種対象年齢

1期:生後1歳~2歳未満
2期:5歳~7歳未満で小学校就学前

接種をおすすめする年齢と接種方法

1期:生後1歳〜2歳未満の間に1回
2期:5歳~7歳未満で小学校入学1年前の4月1日~入学する年の3月31日までに1回

水痘
接種対象年齢

生後1歳~3歳未満

接種をおすすめする年齢と接種方法

初回:生後1歳~1歳3か月未満の間に1回
追加:初回接種終了後、6~12か月の間に1回

B型肝炎
(平成28年10月1日から施行)

接種対象年齢

1歳に至るまでの間にある者(ただし、平成28年4月1日以後に生まれた者に限る。)

接種をおすすめする年齢と接種方法

生後2月に至った時から生後9月に至るまでの期間を標準的な接種期間として、27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目接種から139日以上の間隔をおいて1回接種

日本脳炎
接種対象年齢

1期:生後6か月~7歳6か月未満
2期:9歳~13歳未満

接種をおすすめする年齢と接種方法

1期初回:3歳中に6日〜28日の間隔で2回
1期追加:4歳中に1回(初回接種終了後おおむ1年後)
2期:9歳中に1回
 

※平成7年4月2日~平成19年4月1日までに生まれた方は、20歳になるまでの間、計4回の接種が完了していない回数分を公費(無料)で接種できます。
※平成19年4月2日~平成21年10月1日までに生まれた7歳半以上の方で、1期(計3回)の接種が完了していない方は、健康推進課までご連絡ください。

2種混合(DT)
(ジフテリア・破傷風)
接種対象年齢

11歳~13歳未満

接種をおすすめする年齢と接種方法

11歳中に1回

実施場所

・下記の野洲市内の委託医療機関
・守山市・栗東市・草津市の委託医療機関
・近江八幡市の一部(ともこどもクリニック・西川小児科医院・堀江医院・伊良子医院)
・湖南市の一部(夏見診療所)

それ以外の医療機関を希望されるときは、下記の「広域化予防接種実施依頼書交付申請書について」をご覧ください。

個別接種は事前に医療機関に申し込みをし、個別に受けてください。(母子健康手帳持参)

接種料は無料です。

子どもの定期予防接種のお知らせ(PDF:376.9KB)

B型肝炎・ヒブ・小児肺炎球菌・BCG・水痘・4種混合・2種混合・MR混合(麻しん・風しん)・日本脳炎 予防接種 実施医療機関一覧表

うえだこどもクリニック 住所 小篠原869番地1
電話番号 596-3751

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、BCG、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

えとうクリニック

住所

吉地1193番地1

電話番号

575-8808

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、BCG、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

希望が丘クリニック

住所

市三宅2354番地

電話番号

586-4106

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、BCG、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

甲原医院

住所

小篠原2057番地1

電話番号

587-0070

実施可能

予防接種

2種混合、MR混合、日本脳炎

澤田医院

住所

冨波甲1087番地1

電話番号

588-5855

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

すぎやま内科

住所

小篠原1974番地1

電話番号

586-1218

実施可能

予防接種

ヒブ、小児肺炎球菌、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

高田クリニック

住所

行畑736番地

電話番号

535-1528

実施可能

予防接種

日本脳炎

たちいり小児科医院

住所

久野部198番地1

電話番号

588-0141

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、BCG、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

田中医院

住所

比江816番地

電話番号

589-2113

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

ちかもち内科医院

住所

小篠原2208番地1

電話番号

518-0511

実施可能

予防接種

水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

本田医院

住所

近江富士2丁目5番2号

電話番号

588-3500

実施可能

予防接種

ヒブ、小児肺炎球菌、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

南医院

住所

吉地1412番地

電話番号

589-5061

実施可能

予防接種

日本脳炎

もりおか小児科医院

住所

三上2112番地9

電話番号

586-4900

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、BCG、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

野洲病院

住所

小篠原1094番地

電話番号

587-1332

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、BCG、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

山田クリニック

住所

市三宅2725番地

電話番号

518-0355

実施可能

予防接種

2種混合

吉川医院

住所

吉川928番地

電話番号

589-3901

実施可能

予防接種

B型肝炎、ヒブ、小児肺炎球菌、BCG、水痘、4種混合、2種混合、MR混合、日本脳炎

吉田クリニック

住所

市三宅2732番地

電話番号

588-5080

実施可能

予防接種

2種混合、MR混合、日本脳炎

緑王診療所

住所

栄31番3号

電話番号

588-0572

実施可能

予防接種

水痘、2種混合、MR混合、日本脳炎

 

3種混合ワクチン定期予防接種が再開

平成30年4月1日から3種混合ワクチン定期予防接種が再開となりました。
接種必要回数4回に満たない人は、かかりつけ医や健康推進課にご相談ください。

日本脳炎の予防接種について

  • 日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。このため、平成7〜18年度生まれの方は、平成17〜21年度に日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃していることがあります。
  • 1995年4月2日から2007年4月1日までの間にお生まれの方で、1期・2期の接種が終わっていない方は、20歳未満までの間、接種を受けることができるようになりました。
  • 不明な点については、健康推進課588-1788へお問い合わせください。

日本脳炎の予防接種についてのご案内(厚生労働省)

広域化予防接種実施依頼書交付申請書について

 野洲市・守山市・栗東市・草津市以外の医療機関での接種を希望される人は、接種前に「広域化予防接種実施依頼書交付申請書(下記)」にて健康推進課に申請する必要があります。ただし一部の医療機関では事前手続きなく受けられます
希望される医療機関が広域化を実施しているかを確認後、必要書類(予防接種実施依頼書・予診票等)をお渡しします。

広域化予防接種実施依頼書交付申請書(PDF:100.5KB)

お問い合わせ
健康福祉部 健康推進課
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町433番地1 野洲市健康福祉センター1階
電話番号 077-588-1788
ファクス 077-586-3668
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。