現在の位置

秋期企画展「大岩山銅鐸の形成-近畿式銅鐸と三遠式銅鐸の成立と終焉-」

弥生時代につくられた大岩山銅鐸は、日本の古代史を解き明かす重要な手がかりとして、全国的に注目されています。
本展では、大岩山銅鐸の形成について東西の銅鐸や遺物を紹介しながら考察していきます。

 

開催日時

令和3年10月9日(土曜日)〜11月28日(日曜日)

行事名

秋期企画展 「大岩山銅鐸の形成 -近畿式銅鐸と三遠式銅鐸の成立と終焉-」

場所

銅鐸博物館(歴史民俗博物館)2階企画展示室

主催

 野洲市・野洲市教育委員会

連携

 滋賀県立安土城考古博物館・守山市立埋蔵文化財センター

お問い合わせ先

電話番号077-587-4410・ファクス077-587-4413

 

  • 休館日/月曜日、11月4日(木曜日)、11月24日(水曜日)
  • 開館時間/9時~17時(入館は16時30分まで)
  • 所在地/滋賀県野洲市辻町57番地1
  • 電話番号/077-587-4410 ファクス/077-587-4413
  • 入館料/大人500円・高大生350円・小中生250円     ※ 団体(20名以上)は各50円割引

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は入館無料
野洲市民は入館無料

関西文化の日【11月13日(土曜日)・14日(日曜日)】はどなた様も入館無料になります

 

【主な展示資料】

1.大麻山(おおさやま)銅鐸 【横帯分割型】  ※重要美術品
  香川県善通寺市大麻末大麻山出土
  所蔵・画像提供 京都国立博物館

大麻山銅鐸

 

 

2.大福銅鐸 【大福型】  ※奈良県指定
  奈良県桜井市大福遺跡出土
  所蔵・画像提供 桜井市教育委員会所蔵

大福銅鐸

 

 

3.明石(あけし)銅鐸 【迷路派流水文】  ※重要美術品
  京都府与謝野郡与謝野町明石和田出土
  所蔵・画像提供 京都国立博物館

明石銅鐸

 

 

4.朝日銅鐸 【東海派】  ※重要文化財
  愛知県清洲市朝日遺跡出土
  所蔵 あいち朝日遺跡ミュージアム 
  画像提供 愛知公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター

朝日銅鐸

 

 

5.推定奈良県出土銅鐸 【石上型】  ※重要文化財
  所蔵・画像提供 財団法人辰馬考古資料館

推定奈良県出土銅鐸

 

 

6.西の谷銅鐸 静岡県磐田市敷地西の谷出土【三遠式】  ※静岡県指定
  所蔵・画像提供 静岡県埋蔵文化財センター 
  撮影 牛嶋 茂氏

西の谷銅鐸

 

 

7.西浦銅鐸 【近畿式】  ※重要文化財
  大阪府羽曳野市西浦小学校出土 
  所蔵 文化庁所蔵(大阪府立弥生文化博物館・羽曳野市教育委員会保管)
  画像提供 羽曳野市教育委員会

西浦銅鐸

 

 

2021年度秋期企画展チラシ(PDF:1.3MB)

 

 

 

記念イベント

【関連講演会(全3回)】 ※講演会はいずれも14:00~16:00、要入館料
1.10月9日(土曜日) 「大岩山銅鐸の特質 -銅鐸の終焉ー」
  進藤 武 (野洲市歴史民俗博物館 館長)
2.11月6日(土曜日) 「近江の青銅器文化―大岩山銅鐸への階梯とその周辺―」
  吉田 広氏 (愛媛大学ミュージアム教授)※第84回銅鐸研究会
3.11月23日(祝・火)「近畿式銅鐸と三遠式銅鐸の成立」
  難波洋三氏 (奈良文化財研究所客員研究員)

※要事前申込み(先着80名:9月18日(土曜日)13時から電話受付開始)
※要入館料(野洲市民は無料)
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況によって、内容等を変更する場合があります。

秋期企画展関連講演会(全3回) ※事前申込制

 

【展示解説】
11月20日(土曜日)14:00~  当館学芸員による

※申込不要、要入館料(野洲市民は無料)
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況によって、内容等を変更する場合があります。

 

 

銅鐸博物館(野洲市歴史民俗博物館)

お問い合わせ
教育委員会 歴史民俗博物館
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町57番地1
電話番号 077-587-4410
ファクス 077-587-4413
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。