現在の位置

新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により市税を一時に納付することが困難な場合、納税者の申請により納税の猶予が認められることがあります。詳細については下記をご覧ください。

徴収猶予の特例について(PDF:451.9KB)

 徴収猶予の特例制度について 

1.要件

次の1,2のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者が対象となります。

  1. 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納付し、または納入することが困難であること。

2.対象

令和2年2月1日から同3年2月1日までに納期限が到来し、かつ納期限が経過していない市税が対象となります。

また、上記特例の対象とならない市税についても、他の猶予制度が適用できる場合がありますので、納税推進課までご相談ください。


3.提出書類

1.徴収猶予(特例)申請書(PDF:851.2KB)

1.徴収猶予(特例)申請書(EXCEL:77.9KB)

1.徴収猶予(特例)申請書記載例(EXCEL:152.4KB)

2.財産収支状況書(猶予額が100万円以下の場合添付)(PDF:155.8KB)

2.財産収支状況書(猶予額が100万円以下の場合添付)(EXCEL:33.2KB)

3.財産目録(猶予額が100万円超の場合添付)(PDF:135.7KB)

3.財産目録(猶予額が100万円超の場合添付)(EXCEL:34.7KB)

4.収支の明細書(猶予額が100万円超の場合添付)(PDF:149.5KB)

4.収支の明細書(猶予額が100万円超の場合添付)(EXCEL:35.9KB)

5.収入の減少等の事実があることを証する書類(売上帳、給与明細、預金通帳等)の写し

6.情報提供同意書(任意)(PDF:49.5KB)

※情報提供同意書を提出いただくことにより、申請内容に係る情報を野洲市役所関係各課で共有し、市税徴収猶予以外の制度(他債務の猶予制度や各種給付制度等)が適用できる可能性がある場合にご案内をさせていただきます。

※直近(約2か月程度)において、税務署又は年金事務所で特例の許可を受けている方については、野洲市に提出いただく徴収猶予の特例申請書に、税務署又は年金事務所に提出された猶予申請書の写しや税務署等から通知を受けた猶予許可通知書の写しを添付していただくことにより、申請書の記入内容等を一部省略することができます。

4.提出方法

野洲市総務部納税推進課あてに、郵送にてご提出ください。(窓口に直接お持ちいただくこともできますが、感染防止のため、極力郵送や以下の電子申請を利用してください。)

また、eLTAX(電子申請)による提出も可能です。

eLTAX(地方税ポータルシステム)

5.問い合わせ

市税の納付相談について 納税推進課(077-587-6013)

市税以外の納付相談について

水道料金や各種保険料、市営住宅使用料などの税以外の料金等については、料金等担当課または市民生活相談課(077-587-6063)へご相談ください。

休業や失業等により、今後の生活に不安を感じている方へ

※国税における猶予制度については国税庁ホームページをご覧ください。

お問い合わせ
総務部 納税推進課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6013
ファクス 077-587-2439
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。