現在の位置

平成31年4月から胃内視鏡検査による胃がん検診を開始します

がんを早期に発見するには、自覚症状がないうちに定期的に検診を受けることが大切です。早期に発見し、早期治療を行うことで、治る確率が高くなります。
市では、平成31年4月から胃内視鏡検査による胃がん検診を開始します。
50歳以上の検診対象者は、胃内視鏡検査による胃がん検診を、野洲病院で受けることができます。
胃内視鏡検査は、食道・胃・十二指腸の粘膜を直接観察でき、凸凹のない病変も見つけることができます。

検診内容 対象 受診料 受診間隔
胃内視鏡検査 50歳以上 4,000円 2年度に1回

実施医療機関:野洲病院(健康管理センター Tel587-4443) ※野洲病院は7月以降、市立野洲病院へ移行します。
実施日:予約制
予約受付:月曜日~金曜日13:00~17:00(祝日、年末年始は除く)
 


検診対象者(注1)は、以下のチェックリストで、すべて左側の青色の枠に該当する人です。検診予約時にも、実施医療機関である野洲病院が対象者であるか確認します。直接野洲病院にお問い合わせのうえ予約してください。

(注1)症状がある人や、検診を受けることで体に不調をきたす可能性がある人は、市の検診対象者とはなりません。お早めにかかりつけ医に相談することをおすすめします。


胃がん検診(内視鏡検査)対象判定チェックリスト

1 受診(予定)日当日に野洲市に住民登録している はい いいえ
2 年齢が50歳以上である(年度末に50歳以上であれば可) はい いいえ
3 年度内に市の胃がん検診(胃部エックス線検査・内視鏡検査)を受けた いいえ はい
4 妊娠中または妊娠の可能性がある いいえ はい
5 疾患の種類に関わらず、現在入院している いいえ はい
6 消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)などの胃の疾患で治療中である いいえ はい
7 ヘリコバクター・ピロリ菌除菌中か除菌後で、現在医療機関で経過観察中である いいえ はい
8 過去に食道がんや胃がんになったことがあり、現在医療機関で経過観察中である いいえ はい
9 胃の全部摘出手術を受けた(一部摘出は受診可能) いいえ はい
10 抗血栓薬で治療中である(ご不明な点は、かかりつけ医またはかかりつけ薬局にお尋ねください いいえ はい
11 のどや鼻に胃内視鏡の挿入ができないような疾患がある いいえ はい
12 呼吸不全がある いいえ はい
13 急性心筋梗塞や心房細動、重篤な不整脈などの心疾患がある いいえ はい

※胃部エックス線検査(バリウム検査)は、40歳以上を対象に野洲病院または集団検診で今までどおり実施します。

お問い合わせ
健康福祉部 健康推進課
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町433番地1 野洲市健康福祉センター1階
電話番号 077-588-1788
ファクス 077-586-3668
メールフォームによるお問い合わせ
トピックス