現在の位置

まちづくり寄附金

ふるさと野洲 ・まちづくり寄附金・ みんなで支え合う市民活動

野洲のまちづくりを応援してください!

まちづくり寄附金 受付中!

(写真)三上山

(写真)琵琶湖

(写真)里山キャンプ/市民活動

(写真)家棟川観光船

(写真)すまいる市

(写真)生活学校

(写真)ほたる

人権と環境を土台に生きる意味が実感できる社会をめざして

野洲市まちづくり基本条例に基づくまちづくりを推進するために、まちづくり寄附金を広く募り、各種事業を実施し、参加と協働のまちづくりを推進します!

 里山に朝日が昇り、湖面に夕陽を照らす。そして、移りゆく四季
近江富士と呼ばれる三上山に緑連なる山
日本最大で世界有数の古代湖である琵琶湖
滋賀県最大の野洲川や日野川に代表されるふるさとの川
その恵みにより形成された肥沃な大地
そして、そこに息づく多くの生き物
 このような豊かな自然を背景に、約2万年前の旧石器時代、野洲の人々の歴史が
始まります。
 日本最大の銅鐸や数々の古墳、木簡の出土などからわかるように、狩猟や漁労に
加え、早くから農耕生活が根づきました。野洲の歴史や文化は、その生産力を支え
としながら、中山道や朝鮮人街道による東西の交通、琵琶湖や野洲川をめぐる舟運
など、様々な交流から生み出されてきました。
 悠久の歴史は、のどかに広がる田園、里山や湖での営みや商い、地域の誇るべき
伝統や文化にも受け継がれるとともに、利便性の高い交通網により、住民の増加や
企業立地が進み、新しい文化がはぐくまれるなど、魅力ある多様性に富んだまちへ
とつながっています。
 私たちは、先人がどのような問題にぶつかり、どう解決してきたのかを模索しな
がらも、日本や世界を視野に入れ、「安心安全で、誰もが暮らしやすく生きがいの
持てる社会」を次世代へ引き継いでいく責務があります。
 そのためには、人が「生きる」原点として、人類が獲得し、さらに発展させるべ
き「人権」や限りある地球の「環境」に普遍的な価値を置き、「私たちのまちは、
私たちのために、私たちが自らつくる」という気概で、一人一人の知恵や力を合わ
せ、みんなでよりよいまちに育てていくことが大切です。
 歴史と今がつながる
 人と人がつながる
 人と自然がつながる
 一人の小さな一歩が大きな一歩につながる
 それが野洲の未来へつながるよう
 ここに野洲市まちづくり基本条例を施行します。

(野洲市まちづくり基本条例 前文)

まちづくり寄附金で野洲のまちづくりにご参加ください!

詳しくは、こちらをご覧ください。

まちづくり寄附金/ふるさと納税制度

まちづくり寄附金/寄附金の使途(使い途を指定)

まちづくり寄附金/お申込み・手続

まちづくり寄附金/市民活動支援

お問い合わせ
市民部 協働推進課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館2階
電話番号 077-587-6043
ファクス 077-587-4033
メールフォームによるお問い合わせ