現在の位置

ごみ集積所からの資源物の持ち去り禁止について

2013年6月1日から資源物の持ち去り行為を条例により禁止します。

ごみ集積所へ住民の皆さんが決められた日に出された粗大ごみ等の中から資源物を持ち去る行為が多発しています。

資源物の持ち去りは、ごみ袋を破るなどして換金価値の高い物を持ち去るため、自治会等で清潔にされているごみ集積所の管理を阻害したり、中にはごみ袋ごと持ち去ったうえ、不要な物を不法投棄するなどの違法行為もあります。

そこで、2013年6月1日から、ごみ集積所に出された資源物の持ち去り行為を禁止し、禁止命令に従わない場合は20万円以下の罰金を科すことができるよう、「野洲市廃棄物の適正処理及び再利用並びに環境美化に関する条例」を一部改正しました。

条例の概要

  1. 市又は市の委託業者以外の者が、ごみ集積所に出された資源物を持ち去る行為を禁止します。(ただし、資源物集団回収登録団体は除きます。)
  2. 自治会や子ども会等の営利を目的としない団体であっても、ごみ集積所から資源物を収集運搬する場合は、「資源物集団回収登録団体」として、事前に登録申請が必要です。
  3. 市長は、資源物を持ち去る者に対して、禁止命令をすることができます。
  4. 禁止命令に従わない場合、罰則規定により20万円以下の罰金を科すことができます。

対象資源物

粗大ごみ、ビン類、空き缶、金属類、新聞紙、ダンボール、燃えないごみ等

持ち去り行為を見つけたら・・・

  1. 持ち去り行為の日時、場所、持ち去った者や車両等の特徴を環境課にお知らせください。
  2. トラブルを避けるために、資源物の持ち去り行為者に直接注意したり、車両を制止させたりしないでください。
お問い合わせ
環境経済部 環境課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 別館2階
電話番号 077-587-6003
ファクス 077-587-3834
メールフォームによるお問い合わせ