現在の位置

戸籍

戸籍の届出について

受付時間・場所

• 平日(月曜日〜金曜日)8時30分〜17時15分市民課(市役所本館1階)

• 平日の上記以外の時間、土・日曜日、祝日、年末年始宿日直室(市役所本館1階)

平日の時間外、土・日曜日、祝日に提出された場合、届書の記入に不備があるときや、戸籍届出に伴う諸手続きがあるときは、平日の業務時間内にあらためて来庁いただく必要があります。

 

届出について
  届出期間 届出人 届出地 届出に必要なもの
出生届 生まれた日から14日以内、国外で出生したときは3ヶ月以内 父または母 出生子の本籍地または届出人の所在地。また、出生地でも届出可。
  1. 出生届書(出生証明書)
  2. 届出人の印鑑
  3. 母子健康手帳

届出印鑑については、シャチハタ・ゴム印は使用できません。

死亡届

死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡したときは3ヶ月以内)

同居の親族
同居していない親族

※親族とは、血族6親等及び姻族3親等内をいいます

死亡者の本籍地または届出人の所在地。また、死亡地でも届出可。
  1. 死亡届書(死亡診断書または死体検案書)
  2. 届出人の印鑑

届出印鑑については、シャチハタ・ゴム印は使用できません。

婚姻届 定められていない
(届出日から法律上の効力が発生)
夫になる人
妻になる人
夫または妻の本籍地、住所地・所在地
  1. 婚姻届書
  2. 夫妻双方の印鑑(一方は旧姓のもの)
  3. 証人(成人の者2名の署名・押印)
  4. 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  5. 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)

届出印鑑については、シャチハタ・ゴム印は使用できません。

請求者本人の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)などは郵便で請求することができます。
ただし、市役所から返送できるのは請求者の住民登録地に限ります。--- 届出市区町村が本籍地でない場合

未成年者は父母の同意が必要になります。
届出の際に本人確認にご協力をお願いします。(詳しくはこのページの下部にある「戸籍届出をされる方へ」を参照してください)

離婚届

《協議離婚》
定められていない
(届出日から法律上の効力が発生)
《裁判離婚》
調停成立の日または和解の成立、審判
もしくは判決確定の日から10日以内

《協議離婚》
当事者双方および成年の証人2名が必要
《裁判離婚》
申立人または訴えの提起者
夫妻の本籍地、住所地・所在地
  1. 離婚届書
  2. 届出人の印鑑
  3. 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  4. 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)

届出印鑑については、シャチハタ・ゴム印は使用できません。

請求者本人の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)などは郵便で請求することができます。
ただし、市役所から返送できるのは請求者の住民登録地に限ります。--- 届出市区町村が本籍地でない場合

届出の際に本人確認にご協力をお願いします。(詳しくはこのページの下部にある「戸籍届出をされる方へ」を参照してください)
裁判離婚の際には、調停・和解・認諾調書の謄本または審判・判決謄本、確定証明書の添付が必要です。
協議離婚するにあたり、夫婦間に未成年の子がある場合、親権者を定めることが必要です。
婚姻の際氏を改めた方は、離婚後の本籍・氏を定める必要があります。

転籍届 定められていない 戸籍の筆頭者および配偶者双方(筆頭者死亡の場合、生存配偶者のみ) 届出人の本籍地または所在地。また、新しい本籍地でも届出可。
  1. 転籍届書
  2. 届出人の印鑑
  3. 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)

届出印鑑については、シャチハタ・ゴム印は使用できません。

請求者本人の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)などは郵便で請求することができます。
ただし、市役所から返送できるのは請求者の住民登録地に限ります。--- 管内転籍の場合は不要です。

養子縁組 定められていない
(届出日から法律上の効力が発生)
当事者双方(代諾縁組の場合は代諾者) 当事者の本籍地または届出人の所在地
  1. 養子縁組届書
  2. 届出人の印鑑
  3. 証人(成人の者2名の署名・押印)
  4. 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)

届出印鑑については、シャチハタ・ゴム印は使用できません。

請求者本人の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)などは郵便で請求することができます。
ただし、市役所から返送できるのは請求者の住民登録地に限ります。--- 管内転籍の場合は不要です。

 

 

郵便請求書のダウンロード(PDF:22.1KB)

その他の戸籍の届出

入籍届、養子離縁届、認知届、分籍届、親権届、後見届、帰化届、氏・名の変更届などがあります。

 戸籍届出をされる方へ

全国的に、本人の知らない間に第3者から、虚偽の婚姻届や養子縁組届などが出される事件が発生しています。各市区町村では、偽りの戸籍届出の防止と早期発見のために、本人確認を実施しております。届出される際に、窓口へ来られた方の身分証明書の提示をお願いします。なお、身分証明書をお持ちでない場合や、窓口へ代理人の方が来られる場合でも、従来どおり届出をしていただくことができます。

  •    本人確認が必要な届け出

      婚姻届、協議離婚届、認知届、養子縁組届、養子離縁届

  •    本人確認が必要な方

      届出を窓口へ持参された方
      窓口へ来られた人が代理の方でも、本人確認をさせていただきます。

  •    身分証明書(官公署発行の写真付きのもの)

      運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付き) など(詳しくは以下からご確認下さい)

戸籍・住民票(本人確認のできる書面)

野洲市役所市民課 (電話:587−6086)

お問い合わせ
市民部 市民課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6086
ファクス 077-586-3677
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。