現在の位置

COPD(慢性閉塞性肺疾患)検診

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、たばこ煙を主とする有毒物質を長期間吸入することによって生じる肺の炎症による病気です。
COPDの患者数は全世界的に増加しており、2020年までに全世界の死亡原因の第3位になると推測されています。
COPD検診の受診促進を図り、住民自身がCOPDの状況を認識し必要に応じて保健指導を受け、医療機関を受診することにより、COPDによる健康障害を回避し、症状を軽減し、進行を遅らせるためにCOPD検診を実施します。

対象

検診の実施年度の4月1日時点において市内に住所を有する者であって、検診の実施年度において満55歳、満60歳、満65歳、満70歳、満75歳の年齢に達する者。

検診の実施方法

肺機能調査(COPD検診質問票):対象者に郵送し、肺機能調査を希望するものは質問票を市に提出する。市は回収した後集計する。
呼吸機能検査(問診・スパイロメトリー検査):提出された質問票の内容から、呼吸機能検査の実施が必要とされる者に対し、COPD検診受診券を送付する。呼吸機能検査の受診を希望する者は、特定医療法人社団御上会野洲病院に検査を申し込む。

実施期間

通年

費用

1,900円
※住民税非課税世帯の方は事前(2週間前まで)に健康推進課で免除申請手続きをしていただきますと無料になります。要印鑑。申請書様式は下記ファイルからダウンロードできます。

 

健康診査受診料等免除申請書(PDF:149.6KB)

お問い合わせ
健康福祉部 健康推進課
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町433番地1 野洲市健康福祉センター1階
電話番号 077-588-1788
ファクス 077-586-3668
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。