現在の位置

新型インフルエンザについて

新型インフルエンザを予防しましょう

 インフルエンザは感染者の咳やくしゃみ、つばなどに含まれるウイルスを吸い込むことによって感染します。 また、ウイルスが付着した物(ドアノブや電車のつり革など)に触れた手で口や鼻、眼をさわり、その粘膜から感染することもあります。感染の拡大を防ぐには、咳やくしゃみ、つばなどの飛沫を出さないこと、手を清潔に保つことがポイントです。

咳エチケット

  1. 咳・くしゃみをするときは、ティッシュなどで口と鼻を押さえましょう。また、他の人から顔をそらしたり、1〜2メートル離れるようにしましょう。
  2. 使用したティッシュやマスクは、ふた付きのゴミ箱に捨て、その後は手を洗いましょう。
  3. 熱・咳・くしゃみの症状がある人は、マスクを使用しましょう。

手洗い

最低15秒以上行ない、洗った後は清潔なタオルなどで水分を十分ふき取りましょう 。

(イラスト)手洗い1

1.石けんをよく泡立て、手のひらをよくこすります

(イラスト)手洗い2

2.手の甲をのばすようにこすります

(イラスト)手洗い3

3.指先・爪の間を念入りにこすります

(イラスト)手洗い4

4.指の間を洗います

(イラスト)手洗い5

5.親指と手のひらをねじりながら洗います

(イラスト)手洗い6

6.手首も忘れずに洗います

うがい

外出から帰った後やのどに不快感などあるときはうがいをしましょう。

その他注意すること

  • 人ごみに近づかない
  • 正しい情報の入手
  • 日頃からバランスのよい食事と適度な運動を
  • 発熱などの症状が出たらかかりつけ医に相談を

最低限の備蓄品を準備しておきましょう

自宅待機(2週間以上)に備えて、用意しておきたい備蓄品リスト

日用品・衣料品等の例 
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 水枕・氷枕(頭や腋下の冷却用) 
  • 漂白剤(塩素系のもの:消毒効果がある)
  • 消毒用アルコール
  • 常備薬(胃薬、痛み止め、その他持病の処方薬)
  • 解熱鎮痛剤
  • 体温計
  • ばんそうこう(大・小)
  • 紙おむつ
  • ガーゼ・コットンなど

など

食料(長期保存が可能なもの)
  • レトルト・フリーズドライ食品
  • 乾麺類(そば、ソーメン、うどんなど)
  • 冷凍食品
  • 切り餅
  • インスタントラーメン
  • コーンフレーク・シリアル類
  • 缶詰
  • 乾パン
  • 菓子類
  • 各調味料
  • ミネラルウォーター
  • ペットボトルや缶入りの飲料など

など

農林水産省が「新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイド」を作成しています。(PDF)

「新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイド」

新型インフルエンザかな?と思ったら

  1. かかりつけ医に受診する前に、電話で問い合わせしてください。
  2. かかりつけ医の指示に従い、マスクを着用して受診してください。

この情報は2009年8月1日現在のものです。今後も情報を常に確認するようにしてください。

救急診療の案内

滋賀県救急医療情報案内(24時間対応)

(077)553−3799(音声ガイダンスで受診可能な病院を紹介します)

http://www.shiga.qq-net.jp/

(インターネットで受診可能な病院を紹介します)

小児救急電話相談(対象:15歳以下(中学生)の子どもとその家族)

短縮ダイヤル#8000 または(077)524−7856 (臨床経験のある看護師などがアドバイス)
平日・土曜日18時〜翌朝8時/日曜日・祝日・年末年始 9時〜翌朝8時

インターネットの情報源

厚生労働省新型インフルエンザのページ(緊急情報、最新情報、Q&Aはこちら) 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/

滋賀県の新型インフルエンザ対策のページ 

http://www.pref.shiga.lg.jp/e/kenko-t/butainfluenza.html

お問い合わせ
健康福祉部 健康推進課
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町433番地1 野洲市健康福祉センター1階
電話番号 077-588-1788
ファクス 077-586-3668
メールフォームによるお問い合わせ