野洲市新型コロナウイルス感染症に伴う小規模事業者応援給付金(12月17日まで申請受付)

概要

申請期間を12月17日まで延長するものであり、既に申請されている方は、2回目の申請はできません。

市では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた市内の小規模事業者に対して事業継続を支援するため、小規模事業者応援給付金を給付します。

対象者

次の(1)~(4)の要件をすべて満たす小規模事業者。

(1)中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第5項に規定する小規模企業者であって、市内で事業を行っていること

(2)市内に店舗等(現に事業の用に供していると認められるものに限る)がある小規模事業者であること

(3)令和3年1月1日以前から市内で事業を営み、申請時点で今後も事業継続の意思があること

(4)新型コロナウイルス感染症の拡大により、令和3年1月~11月のうち、連続した3カ月間の事業収入の合計額が、前年または一昨年の同期間の事業収入の合計額と比較して30%以上減少していること

小規模事業者とは

常時使用する従業員数が小売業・卸売業・サービス業の場合は5人以下、製造業・建設業・運輸業その他の場合は、20人以下の小規模事業者・個人事業主

前年の同期間の事業期間が3カ月に満たない場合

令和2年の年間事業収入を令和2年における 開業後月数(開業日の属する月は、操業日数にかかわらず、1カ月とみなす。)で割った額に3を 掛けて算出した額を比較対象として30%以上減少していること

申請期間

 

令和3年7月26日(月曜日)~9月30日(木曜日)まで

※申請受付を令和3年12月17日(金曜日)まで延長します

午前8時30分~午後5時15分(土曜・日曜、祝日は除く)

給付額

給付額は 100,000 円、または連続した3か月間の事業収入の減少額のいずれか低い金額となります。
※申請は、1事業者1回限りです。

申請手続き

次の(1)~(4)を提出してください。 ※郵送可

(1)給付申請書兼請求書(様式第1号)(PDF:227.3KB)

(2)事業収入の額が確認できる資料(売上台帳、試算表、決算書の月別売上表、法人税の確定申告書別表一等)

(3)業種および従業員数が確認できる資料(決算書または確定申告書の写し等)

(4)店舗等の所在が確認できる資料(登記事項証明書・営業許可証・店舗の賃貸契約書・決算書および収支内訳書(確定申告書)の写し等)

案内チラシおよび手順書、記載例等

応援給付金チラシ(PDF:157KB)

申請手順(PDF:924.9KB)

申請書記載例(PDF:641.2KB)

応援給付金要綱(PDF:312.3KB)

提出書類チェックシート(PDF:554KB)

応援給付金(Q&A)(PDF:721.6KB)

お問い合わせ
環境経済部 商工観光課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 別館1階
電話番号 077-587-6008
ファクス 077-587-3835
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。