公共施設のあり方

野洲市公共施設のあり方(第1期整備方針)を策定しました

平成29年3月に策定した野洲市公共施設等総合管理計画に基づき、個別施設の保全計画や長寿命化計画などの策定に向け、各施設の中長期的なあり方を定めた「野洲市公共施設のあり方」をまとめました。

策定目的

「公共施設のあり方」は、人口減少・少子高齢化の進展を踏まえ、公共施設において提供している事業・サービスについて、本市の総合計画との整合を図りながら、本市に適した公共施設のあり方を示すことを目的としたものです。

計画期間

計画期間は、上位計画にあたる野洲市公共施設等総合管理計画に合わせ、2056年度までとします。

なお、個別の施設のあり方については、中長期的な視点で検討することが有効と考えられるため、計画期間を4期に区分することとし、第1期は2019年度から2026年度とします。

計画書

野洲市公共施設のあり方(本編)(PDF:683.9KB)

資料編1 個別施設の現状及び課題(PDF:694.1KB)

資料編2 第1期における個別施設の整備方針(一覧)(PDF:430.5KB)

策定経過については、以下のリンクをご覧ください。

平成30年度野洲市都市経営審議会

お問い合わせ
政策調整部 企画調整課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館2階
電話番号 077-587-6039
ファクス 077-586-2200
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。