麻しん(はしか)に注意しましょう

麻しん発症にかかる注意喚起について

滋賀県より、2月12日に草津保健所管内の医療機関で麻しん患者が発生した旨の情報がありました。(平成31年2月15日)

滋賀県ホームページ

 

麻しんとは

麻しんウイルスによっておこる病気です。感染力が非常に強く、予防接種を受けていないと多くの人がかかって、流行する可能性があります。高熱、せき、鼻汁、目やに、発疹が主症状です。最初3~4日38℃前後の熱で、一時おさまりかけたかと思うとまた、39~40℃の高熱と発疹がでます。主な合併症は、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。

 

 麻しん患者と接触した場合

 麻しん患者と接触した場合や麻しんの流行地域に行き、麻しんを疑う症状を呈した場合は、必ず事前に医療機関へ電話で麻しんの疑いがあることを伝え、早めに医療機関を受診してください。

 

流行の最新情報

滋賀県衛生科学センター (滋賀県感染症情報センター) 

国立感染症研究所麻しん情報(外部サイトへリンク)

 

麻しんの予防には、2回の予防接種を推奨します

麻しんの予防には、予防接種が有効です。定期接種の対象の人(※)は無料で接種することができます。体調の良い時に速やかに接種しましょう。

麻しんにかかっていない人で、これまでに麻しんワクチンを接種されたことのない人、または1回しか接種されたことのない人は、2回の接種をお勧めします。ただし、定期接種の対象以外の人は、有料です。

 

※麻しん(はしか)の定期予防接種の対象の方

●第1期 生後12月以上24月未満の乳幼児

●第2期 小学校就学前年度の1年間の幼児(年長児)

 

参考

厚生労働省  麻しん・風しん(外部サイトへリンク)

厚生労働省  麻しん(はしか)に関するQ&A(外部サイトへリンク)

国立感染症研究所  麻しんQ&A(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ
健康福祉部 健康推進課
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町433番地1 野洲市健康福祉センター1階
電話番号 077-588-1788
ファクス 077-586-3668
メールフォームによるお問い合わせ