犬の登録と狂犬病予防注射について

狂犬病予防法により、生後91日以上の飼い犬は、生涯1回の犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。

犬の登録

 ・登録は犬の生涯で1回だけになります。
 ・飼い犬が生後91日(犬を取得した日)から30日以内に、登録申請を行ってください。
 ・登録の申請をし、犬の鑑札と登録(愛犬)カードの交付を受けてください。
 ・登録手数料は、1頭につき3,000円です。

登録を行う場所

 1. 野洲市役所環境課窓口
 2. 野洲市の狂犬病予防集合注射の会場(毎年4~5月)
 3. 滋賀県獣医師会会員の動物病院(狂犬病予防接種と同時)

登録申請内容

 所有者の氏名、住所、電話番号、犬の登録事項(名前、種類、毛色、生年月日、性別)

狂犬病予防注射

 生後91日以上の犬は、狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けてください。

注射を受ける場所

 1. 集合注射 
 ・毎年4月、5月に市内公共施設で実施しています。
 ・実施日程や留意事項については、広報、自治会回覧などでご確認ください。
 ・料金は3,400円(注射料金 2,850円、注射済票交付手数料 550円)です。

2. 動物病院(個別注射)
 ・各動物病院でも随時受けることができます。
 ・診察代などにより料金が異なりますので、事前に受診される動物病院にご確認ください。 

 ※滋賀県獣医師会会員の動物病院では、狂犬病予防接種済票の交付を受けることができます。なお、会員以外の病院で注射された場合は、注射済証(動物病院が発行する証明書類)の交付を受けて、野洲市環境課へ持参いただき、狂犬病予防接種済票の交付を受けてください。(交付手数料 550円)

登録事項の変更

 飼い主の変更、住所変更などは、野洲市環境課へ届出をしてください。

野洲市から転出される方

 野洲市の犬鑑札と登録(愛犬)カードを持って、転出先自治体の畜犬登録担当課へ届出をしてください。(野洲市への転出手続きは必要ありません。) 

 ※犬鑑札がない場合は、再交付手数料が必要になります。

野洲市へ転入される方

 旧住所自治体で交付された犬鑑札と登録(愛犬)カードを持って、野洲市環境課へ届出をしてください。(登録変更し、野洲市の新しい鑑札と無料で交換します。) 

 ※犬鑑札がない場合は、再交付手数料 1,600円が必要になります。 
 ※登録(愛犬)カードがない場合は、犬の登録内容(旧住所、所有者の氏名、犬の名前等)が分かるようにして、手続きにお越しください。

犬が死亡した場合

 ・登録を抹消しますので、野洲市環境課へ届出をしてください。
  (電話連絡でも受け付けています。)
 ・火葬を希望される場合は、野洲川斎苑や民間のペット葬儀業者などにご相談ください。

 

 

お問い合わせ
環境経済部 環境課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 別館2階
電話番号 077-587-6003
ファクス 077-587-3834
メールフォームによるお問い合わせ