引越しのとき

転入したとき

提出する届出(転入届)

提出する届出(転入届)
届出期間 住み始めた日から14日以内
届出人 本人または世帯主
  • 同一世帯以外の人は、委任状が必要
届出に必要なもの
  • 転出証明書(ただし、住民基本台帳カードで転出した人は住民基本台帳カード)
  • 特別永住者証明書または在留カード(みなしカード含む)(該当者)
  • 印鑑
海外からの転入の場合はパスポート、戸籍謄本と戸籍の附票(戸籍一部事項証明書等)が必要

その他の手続き

  • 保育園・幼稚園に関すること(問い合わせ:子ども家庭課)

保育園・幼稚園に関することの詳細は下記リンクをご覧ください。

市内の保育園一覧

  • 公立小学校・公立中学校に関すること(問い合わせ:学校教育課)

市民課で住民票の転入手続き後、直接、学校で転入の手続きをしてください。その際、学校から渡された「在学証明書」と「教科用図書証明書」を転入先の学校へ提出してください。

公立小学校・公立中学校に関することの詳細は下記リンクをご覧下さい。

市立小中学校

  • 児童手当(問合せ:子育て家庭支援課)

認定請求書を提出してください。印鑑および口座の分かるものを持参してください。

児童手当に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

児童手当

添付書類

  • 児童手当用所得証明書又は課税証明書(年度注意・児童手当は6月で年度が変わり、6月分手当請求は、5月に申請されるためその時点では児童手当用所得証明書又は課税証明書はとれないので、6月になってから提出していただきます。)
  • 請求者の健康保険被保険者証の写し(コピー可)又は、年金加入証明書(お勤め先で証明してもらう)
  • 請求者名義の口座のわかるもの
  • 別居監護申立書および児童の属する世帯全員の住民票(児童と別居している場合)
  • 同意書
  • 児童扶養手当(問合せ:子育て家庭支援課)又は特別児童扶養手当(問合せ:障がい者自立支援課)

転入の場合・・・住所変更届・世帯全員の住民票(省略のないもの)・旧住所地の証書を提出してください。新しい証書の交付は2〜3ヶ月かかります。

児童扶養手当に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

児童扶養手当

  • 福祉医療(問合せ:保険年金課)

小学校就学前までの乳幼児へ医療費が無料になる受給券を交付します。

(保険適用分のみが対象です。受給券は県内の医療機関で使用できます。県外の医療機関で受診した場合は、償還払いにより医療費をお返しします。)

必要書類(受給券交付申請)

  • お子様の健康保険証
  • 認め印
  • 課税証明書等(詳しくは保険年金課までお問合わせください)

その他、障がい者、母子・父子家庭、65~74歳の低所得の方等への医療費助成制度があります。

福祉医療に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

福祉医療費助成制度について

  • 身体障害者手帳(問合せ:障がい者自立支援課)

身体障害者手帳交付等申請(届)書により住所変更届を提出していただき、手帳の住所欄を訂正します。

身体障害者手帳に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

障害者手帳の申請

  • 療育手帳(問合せ:障がい者自立支援課)

県内転入の場合・・・住所変更届等を提出してください。

県外転入の場合・・・新たに交付申請等をしてください。

療育手帳に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

障害者手帳の申請

  • 支援費制度(問合せ:障がい者自立支援課)

新たに支給申請をしてください。(受給期間が途切れないように、転出先の市町村との調整をします)

支援費制度に関する詳細を下記リンクをご覧下さい。

障害福祉サービス利用の申請について

  • 国民年金(問合せ:保険年金課)

野洲市では、転出証明書に国民年金の記録がある場合、転入の手続きをすると自動的に記録されます。また、転入前に会社退職等の理由により国民年金への手続きが必要にもかかわらず、まだの方はこの時点で手続きをしていただきます。
口座振替を利用されていた方は新たに手続きが必要です。

  • 国民健康保険(問合せ:保険年金課)

転入前の市町村で国民健康保険に加入されていた方は、転入日から野洲市の国民健康保険の適用を受けることになります。

  • 介護保険(問合せ:高齢福祉課)

対象は40歳以上64歳の方(第2号被保険者)、および65歳以上の方(第1号被保険者)。
被保険者証は、転入手続きの翌日以降に郵送されます。
前住所地で要介護認定を受けておられた場合、その受給資格証明書を転入手続き時に高齢福祉課介護担当に提出し、継続の手続きをしていただきます。
資格者証は即日交付します。また、介護認定を受けることを希望される方は訪問調査等が必要になるので高齢福祉課に相談してください。

介護保険に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

介護保険

転出するとき

提出する届出(転出届)

外国に1年以上移住する場合も同様の手続きが必要

提出する届出(転出届)
届出期間 転出予定日のおおよそ14日前から、転出後14日以内
届出人 本人または世帯主
  • 同一世帯以外の人は、委任状が必要
届出に必要なもの
  • 住民基本台帳カード(該当者)
  • 市民カード(印鑑登録証)(登録者のみ)
  • 国民健康保険被保険者証(加入者)
  • 後期高齢者医療被保険者証(該当者)
  • 介護保険被保険者証(該当者)
  • 福祉医療費受給券(該当者)
  • 野洲市げんきカード(該当者)
  • バイクのナンバープレート(原付、125cc以下)
  • 自動車燃料費・福祉タクシー運賃助成券(該当者)
引越しする日と引越し先の住所が手続き上必要です。

その他の手続き

  • 税金に関すること。(問合せ:税務課)
  • バイク(原付−50cc・90cc・125cc)に関すること(問合せ:税務課)
  • し尿収集等(問合せ:環境課)
  • 水道の閉栓届(問合せ:上下水道課)
  • 保育園・幼稚園に関すること(問い合わせ:こども課)

保育園・幼稚園に関することの詳細は下記リンクをご覧ください。

市内の保育園一覧

  • 公立小学校・公立中学校に関すること(問い合わせ:学校教育課)

市民課で住民票の転出手続後、学校で転出の手続きをしてください。転出後、学校から渡される「在学証明書」と「教科用図書証明書」を転出先の学校に直接提出してください。(転出が決まり次第、事前に学校までお知らせください。)

公立小学校・公立中学校に関することの詳細は下記リンクをご覧下さい。

市立小中学校

  • 軽自動車等の住所変更について
  • 250cc以上のバイク・・・近畿運輸局滋賀陸運支局(電話:.585-7251)
  • 軽四輪自動車・・・軽自動車検査協会滋賀事務所(電話.:585-7103)
  • 児童手当(問合せ:子育て家庭支援課)

消滅届を提出してもらい、転入先で新たに認定請求書を提出してください。
手続きが遅れると、1ヶ月分がもらえなくなる場合がありますのでご注意ください。

児童手当に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

児童手当

転入先で手続きに必要なもの

  • 印鑑
  • 児童手当用所得証明書又は課税証明書
  • 請求者名義の銀行等の口座番号のわかるもの
  • 請求者の健康保険被保険者証の写し(コピー可)又は、年金加入証明書(お勤め先で証明してもらう)
  • 別居監護申立書および児童の属する世帯全員の住民票(児童と別居の場合)

・児童扶養手当(問合せ:子育て家庭支援課)・特別児童扶養手当(問合せ:障がい者自立支援課)
住所変更届を提出してください。証書は新住所地で住所変更届と一緒に提出してください。

児童扶養手当に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

児童扶養手当

  • 福祉医療(問合せ:保険年金課)

転出手続き時、受給券を持参してください。

福祉医療に関する詳細は下記リンクをご覧下さい。

福祉医療費助成制度について

  • 身体障害者手帳(問合せ:障がい者自立支援課)

身体障害者手帳交付等申請(届)書を提出してください。
支援費制度(問合せ:障がい者自立支援課)
他市町村転出の際、受給者証および負担額管理表(該当者)を返してください。 支給期間が途切れないように転入先の市町村との調整をいたします。

  • 障害児福祉手当・特別障害者手当・福祉手当受給者(問合せ:障がい者自立支援課)

住所変更届を提出してください。

  • 国民年金(問合せ:保険年金課)

市民課で転出の手続きをすると転出証明書が発行されますが、それに野洲市で把握されている該当者の年金の記録が添付されているので、これを転出先の市町村窓口へ提出してください。

  • 国民健康保険(問合せ:保険年金課)

国民健康保険は、市町村単位の制度のため、転出されると、その国民健康保険証は、無効となります。具体的には、転出予定日の前日までが有効となります。
転出の手続き時に保険証に有効期限を明示、または即日転出の場合は保険証を回収します。
税額の清算については、後日税務課で再計算し書類が送付されます。それまでの間に送付された納付書は、たとえ転出後であっても支払っていただき、月の最後の日に野洲市に住民票があったかどうかで該当月が判断されます。

  • 介護保険(問合せ:高齢福祉課)

転出手続き時、被保険証を返却してください。
現在、要介護認定を受けておられる方は、転出先でも認定を受けるために高齢福祉課にて受給資格証明書を交付しますので、転出先に提出してください。また、65歳以上の方は、介護保険料の清算をし、後日送付されますので、それまでに送付された納付書分または年金徴収分はそのまま入金してください。

転居するとき

提出する届出(転居届)

提出する届出(転居届)
届出期間 新しい住所に住み始めてから14日以内
届出人 本人または世帯主
  • 同一世帯以外の人は、委任状が必要
届出に必要なもの
  • 住民基本台帳カード(該当者)
  • 特別永住者証明書または在留カード(みなしカード含む)(該当者)
  • 国民健康保険被保険者証(加入者)
  • 後期高齢者医療被保険者証(該当者)
  • 介護保険被保険者証(該当者)
  • 福祉医療費受給券(該当者)
  • 野洲市げんきカード(該当者)

その他の手続き

  • し尿収集等(問合せ:環境課)
  • 水道の閉栓届(問合せ:上下水道課)
  • 保育園・幼稚園に関すること(問い合わせ:子ども家庭課)

保育園・幼稚園に関することの詳細は下記リンクをご覧ください。

市内の保育園一覧

  • 公立小学校・公立中学校に関すること(問合せ:学校教育課)
  • 転居により学区が変わる場合も、市民課で住民票の異動後、学校で転出の手続きをしてください。その際、前の学校から渡される「在学証明書」と「教科用図書証明書」は転出先の学校に直接提出してください。(転居が決まり次第、事前に学校までお知らせください)
  • 学区内での転居の場合は、学校へお知らせください。(学校教育課へは市民課より連絡があります)

公立小学校・公立中学校に関することの詳細は下記リンクをご覧下さい。

市立小中学校

  • 軽自動車の住所変更
  • 250cc以上のバイク・・・近畿運輸局滋賀陸運支局(電話:.585-7251)
  • 軽四輪自動車・・・自動車検査協会滋賀事務所(電話:585-7103)
  • 児童扶養手当(問合せ:子育て家庭支援課)・特別児童扶養手当(問合せ:障がい者自立支援課)

住所変更届を提出してください。
新住所に変更しますので証書を提出して下さい。

  • 福祉医療(問合せ:保険年金課)

受給券を新住所に変更しますので、住所変更届を提出してください。

  • 身体障害者手帳(問合せ:障がい者自立支援課)

住所変更届を提出してください。

  • 療育手帳(問合せ:障がい者自立支援課)

住所変更届を提出してください。

  • 支援費制度(問合せ:障がい者自立支援課)

住所変更等をお知らせください。

  • 国民年金(問合せ:保険年金課)

国民年金第1号被保険者の方は市民課での手続きにより自動的に更新されます。

  • 国民健康保険(問合せ:保険年金課)

国民健康保険証の住所変更を行いますので、手続きの際は必ず国民健康保険証を持参してください。

  • 介護保険(問合せ:高齢福祉課)

被保険者証の住所変更を行います。

お問い合わせ
市民部 市民課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6086
ファクス 077-586-3677
メールフォームによるお問い合わせ