定例記者会見(平成28年2月18日)

定例記者会見の概要をお知らせします

このページは、野洲市政記者クラブ主催の定例記者会見の内容(概要)を広報秘書課でまとめたものです。

日時 

2016年2月18日(木曜日)14時〜16時

場所

野洲市役所 応接室

案件

1.第1回野洲市議会定例会提出案件について

資料1(PDF:1.1MB)

2.ふるさと納税への取組みの考え方について

資料2(PDF:72.5KB)

3.野洲市人口ビジョン・野洲市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)に係るパブリックコメントの実施について

資料3(PDF:477KB)

4.地方創生加速化交付金事業について

資料4(PDF:146.1KB)

5.野洲病院支援継続可能性調査報告について

資料5(PDF:167.3KB)

6.市土地開発基金の整理等について

資料6(PDF:1.4MB)

7.平成28年4月1日付人事異動方針について

資料7(PDF:169.8KB)

8.平成27年度年金生活者等支援臨時福祉給付金(低所得の高齢者向け)給付事業及び平成28年度年金生活者等支援臨時福祉給付金(低所得の障害・遺族基礎年金受給者向け)と臨時福祉給付金(簡素な給付措置)給付事業について

資料8(PDF:450.3KB)

9.水道事業会計の現状と今後の見通しについて

資料9(PDF:314.6KB)

資料提供

・見直し後の投票区について

資料(PDF:369.7KB)

・第3次野洲市男女共同参画行動計画「男女共同参画プランやす」の策定について

資料(PDF:454.5KB)

・平成28年度保育所・こども園・幼稚園・こどもの家入所・入園状況について

資料(PDF:114.1KB)

・ごみの分別収集等の変更について

資料(PDF:397.3KB)

・野洲市教育大綱について

資料(PDF:137.4KB)

・湖南4市広域貸出に係る野洲図書館の利用条件の変更について

資料(PDF:245KB)

・新大型バスの出発式について

資料(PDF:272.3KB)

市長あいさつ

定例記者会見にご出席いただきありがとうございます。今回、議会が始まりますので最終の予算案をまとめ正式にお渡しさせていただきます。ふるさと納税ですが、再度、内部検討し、あえてやらないと議会に示しましたので参考に資料の提供と考え方をお示しします。人口ビジョンですが、野洲の場合は、土地計画と交通がネックになっていることから、こういった戦略をやっており、またパブコメを行っています。地方創生加速化交付金ですが、昨年の地方創生とは別枠で、加速化ということでお金がくることになっています。1自治体で2事業上限8000万円です。今、野洲市は4000万円事業を2つ出しています。一つは、琵琶湖の保全と再生という大きなプロジェクトで、数年前から考えていました漁師塾です。漁師さんの育成とともに環境と漁業です。また、カワウ対策プロジェクトとかビワマス遡上プロジェクトなど琵琶湖の再生に活用していきます。もう一つは、人口減少社会のライフスタイルとまちづくりの転換です。次に病院につきましては、今、可能性調査の評価委員会が開催されています。調査が終了しましたので、今日は、概要のみお示ししますが、野洲病院のチェックが終われば会議の結果も公表させていただきますのでよろしくお願いします。

土地開発基金ですが、議会を経ないで土地が買える制度になっています。今回、課題設定をし、市民および議会に情報公開させていただきます。

水道事業会計ですが、数年前に経営状況を公開しましたが、今回、県の企業庁の水道料金が上がるので、もう一度方針を出そうというものです。平成18年に料金を1000円下げて赤字前提で経営を行っています。値上げするかしないかはこれからの判断ですが厳しい状況ということで情報提供します。

資料提供ですが、クリーンセンターが秋にオープンします。プラを統合しごみとして燃やしますが、統合することにより4000万円くらい、特に施設運営費が下がりますので、ごみ袋で若干還元します。

図書館ですが、湖南4市のうち野洲市だけが他市にも無制限に貸したり過大なサービスを行っています。今回4市とサービスを同一にしようとするものです。

以上、詳細は担当部長が説明します。

質疑応答等

1.第1回野洲市議会定例会提出案件について<政策調整部次長説明>

記者…全体的な予算として、税収と基金を取り崩して補う感じですか。

市長…基金を取り崩した部分は、工場団地の返済で約3億円です。

次長…一つは法人市民税の減収が大きいです。それと交付税の関係です。今年度、法人市民税が入ってきた関係で交付税が逆に来年度少なくなります。

市長…今年の法人市民税の高ぶれが来年マイナスになりますが、いかにも取り崩しが大きく見えますが時期的な問題で、恒常的な財政の硬直化ではないです。

記者…新年度予算だけではそのように見えますがそうでは無いということですね。

市長…そうです。

記者…一般会計で、10.1%減少ということですが、今回の予算はどのような位置付けですか。例えば緊縮予算とか。

市長…金額が減っているから緊縮予算に見えますがそうではないです。物理的なクリーンセンター予算が減ったとか、学校の耐震化などここ数年は大きな予算でしたが一段落したので、通常レベル予算に戻りました。今まで手が付けられなかったサービスに予算措置をしていますので、充実型予算だと思います。

記者…今回の予算で子ども園1億8000万円がありますが、いつオープンですか。

市長…ゆきはた子ども園は、4月1日です。それと、補助している竹ヶ丘保育園も4月1日です。これで定員が90人増えます。

記者…クリーンセンターの9億は何の予算ですか。

市長…本体の残工事と運営委託費です。

記者…同和対策事業ですが、野洲地域総合センターは廃止して、その後に、発達支援センターを移転するのですか。

市長…今は利用者が数年前の3倍となっています。増築して使用するものです。

記者…病院関係ですが、新年度予算に入れずに、補正で行う方向とかは考えていませんでしたか。

市長…この時点では、ないですね。昨年は、県の圧力があって当初に入れようと思っていましたが、最後見合わせたんですね。今回はこれだけ積み上げてきましたから当初予算が当然です。万が一、否決れれば大変ですが、組み換えになるか、再議にかけるかです。

 

2.ふるさと納税への取組みの考え方について<政策調整部次長説明>

なし

3.野洲市人口ビジョン・野洲市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)に係るパブリックコメントの実施について<政策調整部次長説明>

なし

4.地方創生加速化交付金事業について<政策調整部次長説明>

なし

5.野洲病院支援継続可能性調査報告について<政策調整部次長説明>

記者…今の施設で運営を続ける場合には、約14億円と試算されていますが、実質的な効果がなくとありますが、なにに対してなのですか。

市長…病院を継続する実質的な効果がないということです。単なる壁を塗り直すだけ、建物を補修するだけだということです。これは4年前にやったことで、だから新病院構想が出てきたわけです。

記者…評価委員会で妥当性や違法性について、何かまとめてもらいますか。

市長…まとめてもらいます。そして次に検証してもらってレポートを出してもらいます。委員独自の判断を出してもらいます。

記者…建物は、各所で経年劣化が見られとありますが。

市長…危険だというわけではないですが、既存だから認められるが、今の基準でいけば衛生対策などが必要という箇所です。これも公開できれば公開します。病室や廊下は完全に基準にあっていませんから。

6.市土地開発基金の整理等について<政策調整部次長・都市建設部長説明>

記者…用地取得事業はいつ頃からの取得事業ですか。

市長…昭和60年から平成15年です。

部長…北桜については、平成15年です。

次長…一番遅いのは平成20年度で、市三宅竹生線があります。

記者…これは、判明しだいどんどん出てくるわけですね。

市長…厳しい予算で買い戻さないといけません。まさに過去のつけです。

7.平成28年4月1日付人事異動方針について<総務部長説明>

なし

8.平成27年度年金生活者等支援臨時福祉給付金(低所得の高齢者向け)給付事業及び平成28年度年金生活者等支援臨時福祉給付金(低所得の障害・遺族基礎年金受給者向け)と臨時福祉給付金(簡素な給付措置)給付事業について<健康福祉部次長説明>

記者…事業としては行うが、設定も含めなぜ3万支給か説明ができないなど問題があるということですか。

次長…そうです.

9.水道事業会計の現状と今後の見通しについて<環境経済部長説明>

記者…赤字の予算を組むことは違法なんですか。

部長…異例ですね。本来は、あってはならないことです。

市長…料金は下げていって、決算は黒字にするべきであって赤字前提で経営計画を組ことは駄目です。

記者…結果的には、どうなりますか。

市長…今年度は赤字になります。今回、厳しいので情報開示して、次の判断を市民といっしょに考えようとするものです。

部長…平成28年度は参考に予算ベースで書いています。赤字予算を組まざるをえない状況です。

記者…赤字予算の分の赤字部分はどうするのですか。

部長…基本的には、利益剰余金が2億ほどありますので結果としてはくくれると思っています。

市長…それがなければ、借入ですね。累積赤字です。

記者…適正な料金とはなんですか。例えば人口規模とか。

市長…それは収支です。企業経営ですから。

意見交換等

 

野洲市立病院について

記者…新年度当初予算案で野洲市立病院予算が、万が一、否決された場合、不利益が生じますか。

市長…不利益が生じます。今のシナリオとしては、当初予算の全否決は想定していないので、組み換えをされた場合は、組み換えを認めるシナリオで考えています。よほどのことがないと全否決はないと思います。 

 

お問い合わせ
政策調整部 広報秘書課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館2階
電話番号 077-587-6036
ファクス 077-586-2200
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。