定例記者会見(平成27年10月26日)

定例記者会見の概要をお知らせします

このページは、野洲市政記者クラブ主催の定例記者会見の内容(概要)を広報秘書課でまとめたものです。

日時

平成27年10月26日(月曜日)午後2時~3時

場所

野洲市役所 応接室

案件

  1. (仮称)野洲市民病院整備基本計画精査結果の報告について
  2. 野洲病院における新医療情報システム導入経緯と課題について
  3. 平成28年度野洲市予算編成方針について
  4. 人事評価制度の導入について
  5. 「野洲市議会委員会条例の一部を改正する条例」に対する再議請求の理由について

(仮称)野洲市民病院整備基本計画精査結果の報告について(PDF:2.8MB)

野洲病院における新医療情報システム導入経緯と課題について(PDF:247.7KB)

平成28年度野洲市予算編成方針について(PDF:168.6KB)

人事評価制度の導入について(PDF:1.9MB)

「野洲市議会委員会条例の一部を改正する条例」に対する再議請求の理由について(PDF:107.6KB)

資料提供

公共施設における新電力の導入について(中間報告)(PDF:146.4KB)

第3次野洲市人権施策基本計画(案)パブリックコメント実施について(PDF:193.8KB)

第3次野洲市男女共同参画行動計画『男女共同参画プランやす』(案)パブリックコメント実施について(PDF:195.1KB)

個人番号カードの交付に向けた対応状況について(PDF:213.9KB)

「生活保護廃止決定処分取消等請求事件」の判決について(PDF:190.8KB)

「第12回兵主大社庭園紅葉ライトアップ」について(PDF:121.1KB)

なかよし交流館の指定管理について(PDF:161.9KB)

平成27年度全国学力・学習状況調査の結果について(PDF:858.8KB)

市長あいさつ

お集まりいただきありがとうございます。今日は、先に運営評価委員会にお示ししました病院の精査結果をご報告します。付随的に野洲病院が電算システムを先に入れてしまい、新病院が立ち上がった時には高コストリスクがありますという不利益情報の開示です。それと、予算の編成方針ですが、特に子育て支援を大きな項目で入れています。人事評価制度は今進めていますのでご紹介します。それと、議会が条例を改正したことについて、再議を申し立てしたのですが、再議請求の理由について情報提供させていただきます。
後は、担当より申し上げますのでよろしくお願いします。

質疑応答等

1.(仮称)野洲市民病院整備基本計画精査結果の報告について 政策調整部長説明

記者…日程は変わるのですか。議会はどうするとか話がありますか。
市長…議会は、もう一回、特別委員会を開きたいということです。そこで勉強会をされるのだろうと思います。こちらは当初予定の5日の本会議に議案として、設計予算と基金1000万円を積むという基金条例も出しますから、ここで可決なり否決の日程は変わりません。特別委員会は何も付託されていませんから。
記者…説明を受けたものについて議論する場がなかったので行うというものですね。
部長…議論の場はあったんですけどね。
記者…この報告書は評価委員会に図ったんですよね。その時に議員さんにこういった資料は出していたんですか。
市長…評価委員会は内部会議ですが公開ですので、傍聴の方に出ています。あの日傍聴に来ていた方は、この資料を得て、情報を得ています。以外に少なかったと思います。
記者…傍聴がですか。
市長…はい。
記者…議会軽視という言葉があったので、どの段階で議員さんに渡したのか気になったものですから。評価委員会をやった時点でオープンにしているから知ろうと思えば知れるんですね。
市長…そうです。野洲市の場合は、個人情報と企業秘密でなければ、問い合わせがあれば取材も含めて全部お出ししますから。
ただ、5日はどうなるか私も全然分かりません。また、誰が議長になるか副議長になるかも分かりません。どうも聞いているところでは、今の体制で採決を執った上で、議長選出の本会議を開くそうです。
記者…5日に役員改選するということですか。
市長…そうです。正副議長と監査委員、各委員会の委員を決めます。
記者…再提出し審議した後に改選ということですね。
市長…そうです。

2.野洲病院における新医療情報システム導入経緯と課題について 政策調整部長説明

記者…駆け込みでどうせ引き取ってもらえるなら、高いのを購入しても分からないという話ですよね。
市長…高いというか、ここでは安く入れておいて、野洲市に移行する時に高く、或いはメンテナンスで高くということです。私も聞いて信じられなかったんです。
部長…一旦は、市長から、これを止めさせようということもあったんですが、そこまでやるとちょっと問題になりますので。
記者…これが難しいところなんです。民間の病院ですからね。
市長…日本には3社、NEC系と富士通系と日本IBM系があって、どれを入れるかということは結構深刻な問題なんです。結果的に、ここはそのまま引継ぎましたが、競争性が働いていないので心配しているんです。新病院の時は、もっと透明性を保ってやらないと駄目です。
記者…これは別に費用負担とか市がする訳ではないですよね。
市長…いいえ、補助していますから、裏を返せば市の補助もあります。赤字でもあるし、建物の元利償還は市がもってるわけです。完全に野洲市の手の上で動いている病院なんです。今まで市民の皆さんが知らなかっただけなんです。

3.平成28年度野洲市予算編成方針について 政策調整部長説明

なし

4.人事評価制度の導入について 総務部長説明

なし

5.「野洲市議会委員会条例の一部を改正する条例」に対する再議請求の理由について  総務部長説明

記者…再議はあまり聞いたことがなく、政策的な議案についての再議は聞きますが、何事が起こったのかと思いました。
市長…特に予算の場合が多いと思います。どう改めていただくか議会に委ねます。

意見交換等

(仮称)野洲市民病院整備事業について

記者… 明日の都市基盤整備特別委員会は、攻防みたいな形になるんですか。
市長… 全く解りません。
記者… 説明員として執行部の方は出るのですか。
市長… そうです。
記者… 前回で一番異論があったところはどこですか。やはり16年の黒字ですか。
市長… 16 年と、県の次長が言った「これでは起債とか開設許可が認められない」といったことですね。
記者… 今回は、精査した内容を示すことによってクリア出来るとお考えですか。
市長… 私たちはそう思っています。
去年なぜあのようになったのか解明できていないので、若干そこは不安要因ではあります。
記者… 条例や予算もそうですが、基金が通れば一応枠組みが出来るということですね。
市長… 出来ます。病院の先取りとなります。通常、建物が出来て、それを管理運営する条例を先に設定してしまうということです。今回は、基金ということにして、場所と仕組みを整えるというこれもある意味で行政のテクニックです。

お問い合わせ
政策調整部 広報秘書課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館2階
電話番号 077-587-6036
ファクス 077-586-2200
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。