現在の位置

2020年8月市長の近況報告

都市計画審議会に出席しました

日付:2020年08月04日(火曜日)

大津湖南都市計画区域区分の見直しに伴い野洲市原案として、市街化区域の拡大を6箇所 約21.6haに絞り込んで、県へ提出することにつきまして、諮問させていただきました。
また、昨年度第1回の審議会にて諮問させていただいた、「野洲市都市計画マスタープラン、野洲市立地適正化計画の改訂」について、継続でご審議いただきました。
今回におきましては、市民アンケート調査をもとに作成した事務局案としての地域別構想(案)をお示しさせていただき、8月から9月にわたり予定しているタウンミーティングにて、市民の皆様へ提示し、意見交換を行うため、それに先立ち、委員の皆様からも、積極的なご意見頂戴しました。
 

国民健康保険運営協議会に出席しました

日付:2020年08月06日(木曜日)

国保の都道府県単位化という大改革後、2年目の決算を迎えました。昨年度は、基金の保有残高を見越して被保険者へ早期に還元し、国保税額を抑制する協議をいただき、今年度から税率を見直しました。また、今年に入りコロナ禍の影響により、被保険者の生活を大きく左右しましたが、運営につきましては昨年同様、特に大過なく年度末を迎えられたと思います。
しかしながら、いまだに国保運営の詳細については、県内市町間で差異があるのが現状です。特に、保険料水準については、滋賀県における第1期国保運営方針において、「令和6年度以降のできるだけ早い時期での統一を目指す」とされており、今年度はこの運営方針の最終年となっていることから、第2期の運営方針の策定が予定されております。この第2期運営方針の策定に係る協議の中でも保険料水準の統一や医療供給体制の格差是正など、県と各市町間で調整していくべき大きな課題になると考えております。引き続き、県、市町とで、積極的な協議を進めていきたいと考えております。

 

平和のつどいに出席しました

日付:2020年08月07日(金曜日)

先の大戦において、戦禍の犠牲となられました戦没者の方々に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。
また、戦後、かけがえのない肉親を失った深い悲しみを抱え、今日まで追慕の気持ちを胸に、様々な苦難を乗り越え、郷土の発展のために尽くしてこられたご遺族の皆様に、深く敬意を表します。
世界平和の実現と核兵器の廃絶は、わたしたち人類共通の願いです。
今日、我々が享受している平和と繁栄が、戦没者の方々の尊い命の犠牲の上にあるとの思いを馳せますと、改めて心から敬意を表し、感謝申し上げます。
まもなく、先の大戦が終わって75年が経過します。過去の悲惨な戦争の教訓を決して風化させることなく、世界平和の実現のためにも次の世代に語り継ぐとともに、その取組を強化していかなければなりません。
このようななかにあって、近隣国との間の緊張や摩擦が一層高まってきています。不信と不安を解消し、融和と共存繁栄の努力を互いに重ねていくことが重要です。また、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により、尊い犠牲が払われていることに加え、世界の大国の自国中心主義の高まりによって、世界の不安定化が増しています。
わたしたちは、世界平和の実現に向けての国際的な機運が一層高まるよう、取組を進めていかなくてはなりません。
 

空家等対策協議会に出席しました

日付:2020年08月20日(木曜日)

今年の1月25日に開始しました老朽化したマンション、美和コーポB棟の行政代執行による解体が、7月18日に終了しました。
今回の会議では、行政代執行前の状況から行政代執行終了までの過程についてご報告させていただき、平成30年度に略式代執行を行った北の特定空家についても併せてご報告させていただきました。
 

野洲市民病院整備運営評価委員会に出席しました

日付:2020年08月25日(火曜日)

昨年7月に開院いたしました市立野洲病院は、旧御上会野洲病院の施設、機器、医療機能を継承したうえで、市が責任をもち運営し、市民の皆さんの健康と医療を守っていくため運営しているところです。

現市立野洲病院については、施設、医療機器等の老朽化が著しく、修繕が必要な箇所も多い状況であり、病床稼働率についても目標の80%に届いていない状況ではありますが、令和元年度の決算においては、一般会計からの基準内繰入もありますが、公的病院としての職員意識の高まり、経費節減によって約2憶4千万円の黒字決算でありました。

また、8月1日付けで評価委員の委員でありました京都大学の福山特任教授を病院長迎え、さらなる課題解決に向けて取組んでいくところです。

新病院整備につきましては、これまでより委員の皆様のご意見を頂戴しながら実施設計を進めてきましたが、
ご承知のとおり昨年11月の入札不調後、改めて設計の見直しをはじめ整備に係る対応方針を12月17日の評価委員会において審議をいただきました。その後、市議会において修正設計にかかる補正予算を認めていただき、前回3月24日の評価委員会においては、修正設計にかかるレイアウトについて改めてご審議いただきました。