現在の位置

平成15年10月に住宅を新築しましたが、平成19年度分から税額が高くなったのは?

新築住宅に対しては、一定の要件を満たす場合、固定資産税を軽減する措置があります。新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分(3階建以上の中高層耐火住宅は5年度分)に限り、120平方メートル分の税額が2分の1に減額されます。したがって税額が高くなったのは、減額適用期間が終了したことにより、本来の税額になったためです。

詳しくは「家屋に対する課税/新築住宅に対する軽減措置」をご覧ください。

家屋について

お問い合わせ
総務部 税務課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6040
ファクス 077-587-2439
メールフォームによるお問い合わせ