現在の位置

平成30年度野洲市シンポジウム~地域で広げる見守りのわ~

地域で広げる見守りのわ~詐欺・悪質商法の被害から身を守るために~

1.シンポジウム名

平成30年度野洲市消費者行政推進事業シンポジウム
地域で広げる見守りのわ~詐欺・悪質商法の被害から身を守るために~
 

2.日時

○平成30年10月19日(金曜日)13時30分から16時00分(開場・受付13時00分から)
 

3.会場

○野洲文化小劇場(野洲市小篠原2142)
 

4.定員・参加費

○定員100名
○参加費無料、事前申し込み不要
※手話通訳、要約筆記が必要な方は、お手数ですが市民生活相談課へ10月1日(月曜日)までにお知らせ下さい。
 

5.内容

≪基調講演≫
「見守り活動ってなんだろう?」
講師:弁護士 薬袋 真司 さん

≪寸劇≫
「あなたを狙う架空請求はがき」
野洲市老人クラブ連合会

≪パネルディスカッション≫
「地域の見守り活動を考える」
○パネラー
    滋賀県精神保健福祉センター所長 辻本 哲士 さん
    民生委員児童委員 高木 啓行 さん
    守山警察署生活安全課
    地域包括支援センター
    市民生活相談課(報告)
○コメンテーター
    弁護士 薬袋 真司 さん
○コーディネーター
    市民生活相談課
 

 

○開催趣旨
近年、見守り活動の強化が注目されています。特に、高齢者については、「お金」、「健康」、「孤独」という高齢者が抱えやすい不安をきっかけに詐欺被害を含む消費者被害に遭う傾向にあります。また、認知症に罹患した方の消費者被害も深刻です。消費者庁のデータでは、認知症等の高齢者に関する相談については、本人の周辺にいる家族や支援者からの相談が多いことがわかっています。これらは、高齢者の「孤独」を防止することが、消費者被害を防ぐために有効であることを表しています。
野洲市では、平成29年度より野洲市消費者安全確保地域協議会を組織するとともに、事業者や地域の団体と見守りネットワークを締結することで、地域の見守り活動を推進しています。
本シンポジウムでは、これらの野洲市の取組について、地域の皆さんの理解を得るとともに、地域での見守り活動をどのように行っていけばよいのかを参加者と一緒に考えていきます。

 

【チラシ】地域で広げる見守りのわ(PDF:421.2KB)

地図情報

お問い合わせ
市民部 市民生活相談課
〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1 本館1階
電話番号 077-587-6063
ファクス 077-586-3677
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。