現在の位置

ダニ媒介感染症に注意

ダニ媒介感染症に注意しましょう!!

   ダニが媒介する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」や「ダニ媒介脳炎」の発生が報告されています。春から秋にかけては、行楽や農作業などで野外活動の機会が増え、ダニに刺される危険性も高くなります。ウイルスを保有しているマダニに咬まれることで感染し、咬まれてから6日から14日間後に、発熱と消化器症状(食欲低下・嘔吐・下痢・腹痛など)が現れます。重症になると、死亡する場合もあります。人から人へは感染しません。

*予防のために、次のことに気をつけましょう。

  ダニ媒介感染症の予防対策としては、ダニに咬まれないようにすることが重要であり、以下の点に注意してください。
(1) 森林や草地などマダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴などを着用し、肌の露出を少なくすること。
(2) 屋外活動後はマダニに咬まれていないか確認すること。
(3) 吸血中のマダニに気がついた際は、速やかに病院で処置すること。
(4) マダニに咬まれた後に発熱等の症状があった場合は、病院へ受診すること。

詳しい情報はこちらのホームページをご覧ください。

厚生労働省「ダニ媒介脳炎に関するQ&A」

「マダニ対策、今できること」 (国立感染症研究所)

お問い合わせ
健康福祉部 健康推進課
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町433番地1 野洲市健康福祉センター1階
電話番号 077-588-1788
ファクス 077-586-3668
メールフォームによるお問い合わせ