現在の位置

風しんにご注意ください

「風しんにご注意ください」

現在、例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しています。具体的には、第30 週から第31 週まで(7月23 日から8月5日まで)に38 例の風しんの届け出があり、多くは30 代から50 代の男性が占めていました。30 代から50 代の男性においては、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることが分かっています。

参考1:感染症発生動向調査(IDWR)(平成30 年8月8日時点)(国立感染症研究所)

https://www.niid.go.jp/niid//images/idsc/disease/rubella/2018pdf/rube18-31.pdf

 

風しんとは

風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播します。特に成人で発症した場合、高熱や発しんが長く続き、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど、入院加療を要することもあることから、決して軽視はできない疾患です。

また、風しんに感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(生まれてくる赤ちゃんが、難聴、心疾患、白内障、精神や身体の発達に遅れ等を伴う病気)を発症する可能性があります。

参考2:風しんとは(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/

 

予防のためには・・・

風しんの予防には予防接種が最も有効な予防方法であるといえます。風しんワクチン(主に接種されているのは、麻しん風しん混合ワクチン)を接種することによって、95%以上の人が風しんウイルスに対する免疫を獲得することがきると言われています。

また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫がつかなかった方の多くに免疫をつけることができます。さらに、接種後年数の経過と共に、免疫が低下してきた人に対しては、追加のワクチンを受けることで免疫を増強させる効果があります。

 

特に注意が必要な方

・これまで風しんにかかっていない方

・風しんの予防接種を受けていない方

・妊娠を希望する女性やその同居の家族

 


~ぜひこの機会に風しんワクチンの予防接種をご検討ください~

妊婦への風しん感染を防ぐために「おとなの風しん予防接種費助成」をしています。接種をご検討の方は、対象者や申請方法等について下記をご確認ください。

おとなの風しん予防接種費用助成

風しん抗体検査について(滋賀県)

お問い合わせ
健康福祉部 健康推進課
〒520-2315 滋賀県野洲市辻町433番地1 野洲市健康福祉センター1階
電話番号 077-588-1788
ファクス 077-586-3668
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。